FC2ブログ
俺の秘密
俺のプライベートな秘密を暴露していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体の変化
 この小学校高学年頃から、身体が変化し始めた。女の子は、ちょっぴり胸が大きくなりつつあった。また、ワルガキ連中のマドンナ的存在の女の子は初潮が始まった子もいた。では、俺ら男にはどのような変化が出始めたのか?

〔1〕”ちんちん”が起つ!

 身体の変化で、すぐに気付いたことは”ちんちん”が起つ(=勃起する)ということだった。当時、小学校~中学校時代にみんな「明星」とか「平凡」という月刊誌を読んでいて、その表紙にアイドルのビキニ写真とかがのっていると、それをみて”ちんちん”が起つことがあった。

 なぜ?という思いもあった。自分だけ?例のワルガキ連中のおかげで、自分だけでなく、そいつらも勃起することが分かった。そして、勃起すると実は大変なのだ。当時は、季節に関わりなく半ズボンだった。また、パンツも白のブリーフだった。だから、”ちんちん”が起つと、目立つのだ。腰を引いて、勃起がおさまるのを我慢しなければならなかったのだ。

 例のワルガキ連中は、あの一件(マスターベション学習会)から、俺だけが射精したのを面白がって、俺の”ちんちん”を触りにくるのだ。これから逃れるのは至難の技だった。

 もう一つ重要な変化が身体におきた。ワルガキ連中が俺の”ちんちん”を触ったり、ズボン下げ(パンツまで)下げを面白がってしたのは、もう一つ理由がある。それは、俺の”ちんちん”に毛(いわゆる陰毛)がやつらより早かったことによる。

〔2〕”ちんちん”に毛が!

 小学校中学年まで、親父と風呂を一緒にしていた。そのとき、目に入るのが親父のでかい一物だった(親父のは、”ちんちん”というより、一物と表現したほうがいい立派なものだった)。高学年になって、一人で風呂に入っていて、ある日突然、”ちんちん”の周囲に毛が生えていたのだ。

 まだ、童貞で、包茎の俺の”ちんちん”は大変だった。同じ男は分かるかもしれないが、この陰毛は、”ちんちん”の先に入り込んでいくのだ。だから、勃起すると、毛が引っ張られて痛いのだ。

 これがもつ一つ、ワルガキ連中から”ちんちん”を触られたり、「見せろ」とズボンを下げられたりした理由だった。しだいに、こいつらの行為はなくなっていく。自分たちも同じようなことが身体におき始めたからだ。

 
[READ MORE...]
小学校高学年の頃
〔1〕”ちんちん”をしごく

 小学校高学年の頃から、他人の”ちんちん”を意識し始める!その元になったのが、ワルガキどもの仲間の家に遊びに行き、4~5人くらいで輪になって、隣のヤツの”ちんちん”をしごき始めた経験からだった。

 なぜ、こんなことをはじめたかのか?と考えてみると、ワルガキの1人にT君というのがいて、コイツの兄貴がエロ雑誌を読んでいて、いわゆるマスターベション(仲間内では、せんずりと呼んでいた)を覚えたらしい。で、”ちんちん”を触ったりしていると、気持ちが高ぶることをTが兄貴から聞いてきて、それならワルガキ連中も試してみようということになったのだ。

 そのやり方は、自分が隣のヤツの”ちんちん”をしごき、それが輪になっていくのだ。しごき方は、やり方がどうしていいか分からないから、両手でやるやつもいるし様々だった。しかし、しごいても「おしっこ」に行きたくなるだけで気持ちいいという感じはなかった。この当時、T君の兄貴は6年生。ワルガキ連中は、4年生ぐらいだったと思う。

〔2)マスターベション学習会

 それで、何回かっやていくうちに、これじゃ駄目だ!ということになり、T君の兄貴にみんなで教わることになった。当時、T君の兄貴は中学1年生、おいらは小学校5年生になりたての頃だった。T君の家にみんなで遊びに行き、おそるおそる尋ねてみたのだ。

 すると、「ちんちん起つか?」と尋ねられた。みんな「?」。この当時、「勃起する」というのがどういうことかも良く分からなかった。ただ、ワルガキ連中どうしで”ちんちん”のつかみ合いなんかをやっていて、そのとき「ちんちんが起つ」ことがあった。これが勃起するということが分かったのだ。

 すると、T君の兄貴がおもむろにビニールの本を取り出した(いわゆる”ビニ本というエロ本)を取り出して、俺らに見せてくれた。そのときの衝撃は、忘れられない。何か身体中が熱くなり、股間がムズムズとしだすのだ。恥ずかしいやら、情けないやらトイレに行って治そうとした。

 これが「勃起だ」と教えてくれた。それから、T君の兄貴も含めてみんなで輪になり、”ちんちん”しごきが始まった。そのとき、しごき方も習った。そのうち、だんだんと「おしっこ」に行きたくなった。でも今までは、そうなっても何事もなかったので、放っておいた。すると、私とT君の兄貴だけ、”ちんちん”から白い液体が飛び出したのだ!

 しごいていた隣のヤツは、びっくり!射精した自分は気持ち良さ半分、恥ずかしさ半分。これが”せんずり”だということをT君の兄貴は教えてくれた。もちろん、後始末の仕方も教えてくれた。
はじまり~ブログの再開~
自分が”ちんちん”について興味を持ち始めたのは、いつ頃か?と考えてみた。しばらくは思い出せなかったが、5分ほど回想しているうちに、これだと思い出すことがあった。それが、小学校低学年ころの”ズボン下げ”事件である。


[1]”ズボン”下げ事件

 ズボン下げ事件とは、小学校時代に男の子の間ではやったもので、授業の間の休憩時間中に、標的となる男の子のズボンを下げるものである。この頃のズボンは、パンツと同じようにゴムで留まっているズボンだったので、下から引っ張るとパンツが丸見えになるのである。
 当時は男の子の一種の”遊び”としてはやったものである。同じようなことが、体育の水泳の時間の着替えのときに行われた。

そうこうしているうちに、男の”ワルガキ”どもが集まってやり始めたのが”おしっこ飛ばし”である。

[2]”おしっこ”飛ばし

 おしっこ飛ばしとは、男は立ちションするんだ。学校の帰りなどで、みんなで田んぼの脇道などに立ってションベンする。このとき、どこまでションベンが飛ぶか?を競争する。距離だけじゃなくて、高さや勢いなんかも競争する。このときに隣でションベンしている奴の一物を見る!ことになる。「フゥーン!俺と同じだ」とかいって安心するわけだ!

おしっこ飛ばしなんかで遊んでいた無邪気な頃である。この小学校低学年の頃は、あまり性的な違いはなかったし、”ちんちん”がワルガキどもの遊びの手段であったような気がする。それが変化しはじめるのが、小学校の高学年の頃である。
久しぶりに
こんばんは。久しぶりに書きます。1年ぶりかな。
すっかり忘れてました。

以前、買ったコックリングですが、、はめていたチンコ
の周囲に赤いぶつぶつができました。要するにまけた
んですね。それ以来、していません。

1日中していたら、かゆくなるのでダメですね。
でも拘束感はそそるよね。
コックリング続き
前回の続きです。
少し慣れてくると緊張感がなくなります。もう少し小さいほうが
良かったのかなぁーと思うこのごろです。



プロフィール

エロヒロ和歌山

Author:エロヒロ和歌山
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。