FC2ブログ
俺の秘密
俺のプライベートな秘密を暴露していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校教師への転職(3)


月曜日がやってきた。久しぶりにワイシャツを着て、ネクタイを
締めスーツをはおった。

 「やっぱりスーツはいいなぁ」俺は独り言を言った。

 学校まで自転車に乗り30分程度。男子生徒が登校をする
中、俺は学校に着いた。事務所で名前を言うと、職員室に案
内された。

 「教頭先生。新任の先生がこられました」事務員が愛想なく
言った。
 「いゃぁ。待ってたよ。エロヒロ和歌山先生。校長先生から話
は聞いてるよ。背カッコは頼りない感じがするけど、芯がしっかり
してるからと聞いてるから・・・」
 「宜しくお願いします。」

 教頭先生からは事務手続きの書類を書かされ、自分の席に
案内された。そして、職員室にいた先生方に紹介された。

 「エロヒロ和歌山先生には、社会系の科目を担当してもらうの
で。それと、先生にはDクラスの副担任もお願いします。」
 「えっ?すみません授業経験は実習等でありますが、担任は
初めてなんですが・・・」
 「大丈夫。重先生が担任でいらっしゃるので。今日はお休み
だけどね。」
 不安げな一言だった。
 「代わりに、朝教室に入って出席点呼と、この案内をして下さい」
と一枚の用紙を案内された。健康診断の案内だった。

 始業時間の合図と同時にDクラスの教室に入った。ガチガチで
緊張していた。
 教室の扉を開けると、全員の視線が俺の方を見た。
 「本日は、重先生がお休みなので。代わりに私が朝のHRを
担当しますエロヒロ和歌山です。宜しく。皆さんとは、社会系の
授業でまたあいましょう。」と挨拶して、点呼を始めた。
 緊張のあまり声がうわずっているのが分かる。
 「おい大丈夫かよ。チンコが勃起しているのと同じくらい硬くなって
るぞ」と生徒の声。みんな爆笑した。
 「今日がみんなに会う最初の機会なので緊張してる。硬いこと
言わずによろしく。」点呼が終わり、健康診断の案内をして教室を
去ろうとしたとき、
 「先生の授業はいつ?」と生徒が聞いた。
 「本日の5時限目からだよ。」俺はそういうと、生徒の顔がにやけ
たように感じた。

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント

なんだか心配な展開になりそうですね・・・。
続きを楽しみにしています。
【2012/12/16 10:26】 URL | こーさく #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://zzz02150.blog103.fc2.com/tb.php/39-fc1fd348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:エロヒロ和歌山
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。